試合結果
試合結果や活動状況などが掲載されます。
なお、関連の写真などはフォトギャラリーにも掲載されていますので、そちらもご参照ください。
下欄の[フォトギャラリー]からどうぞ。
トップページへは、下の閉じるボタンを押してこのウィンドウを閉じてお戻りください

[フォトギャラリー] [2009年以前] [ワード検索] [管理画面] [設定画面]
2019年08月31日(土)  第66回対慶応義塾高定期戦
8月31日(土)16:30〜 関西学院第3F
1Q2Q3Q4Q合計
関西学院高等部##
慶應義塾高等学校##

 

2019年08月17日(土)  日米親善試合 対King Kekaulike High
 8月17日17:00〜(現地時間) Na Alii Stadium

1Q2Q3Q4Q合計
関西学院高等部##
King Kekaulike##

 

2019年06月22日(土)  第17回プリンスボウル 対大阪府選抜
 6月22日(土)16:30〜 エキスポフラッシュフィールド
1Q2Q3Q4Q合計
兵庫県選抜1319
大阪府選抜1414
        
            MVP(古川杯)  前島 仁

2019年06月16日(日)  関西高校選手権大会決勝戦 対箕面自由学園
6月16日(日)13:30〜 エキスポフラッシュフィールド

1Q2Q3Q4Q合計
関西学院高等部14151450
箕面自由学園高1226


 関学のキックオフで試合開始。GL83ydsより関学1回目のDEF、相手のランプレイを止めきれずdown更新される。続けてDEFではDB#10渡辺のパスカット、DL#17トゥロターのロスタックルがあったものの、パス成功からの独走TDを決められてしまう。PATキックは不成功で0-6と先制される。攻守交替してGL75ydsより関学OFF、QB#11前島のランで大きく前進し一気にGL19ydsへ迫る。RB#7澤井のランでdown更新、続けてRB#28池田のランでTD。PATキックもK#27松野が決め7-6と取り返す。攻守交替して関学DEF、一度反則が出たもののLB#33森本のロスタックルなどナイスプレイが多く、パントで攻守交替。GL53ydsより関学OFF、RB澤井のランでGL43ydsまで前進し、QB前島からWR#85宇佐美へのロングパス成功でTD。PATキックも成功して14-6とリードする。キックオフ中の関学反則によりGL57ydsよりDEF、相手のランを止めきれずずるずると攻め込まれそのままTDを許す。2PTは不成功で14-12と僅差に迫られる。関学OFF、RB池田のランでdown更新したところで第1Q終了。
 関学OFFで第2Q開始。相手のロスタックルによりdown更新できず、ここはパントで攻守交替。関学DEFではDB渡辺のインターセプトにより攻守交替、GL57ydsよりOFF。WR宇佐美へのパス成功で大きく前進してGL17ydsよりのOFF、RB池田のランでTD。PATではWR坂口からWR宇佐美へのパス成功で2点追加し22-12。攻守交替して関学DEFはDLトゥロターがインターセプトして大きく前進、GL13ydsより関学OFFとなる。RB澤井のランでTD。PATキックも成功して29-12と点差を広げる。しかし、関学のキックオフは相手のリターンタッチダウン。PATキックも成功され29-19となったところで前半終了。
 関学リターンで後半開始。GL76ydsより関学OFF、WR#5坂口,TEトゥロターへのパス成功でGL59ydsまで前進。その後もRB澤井のランでGL45ydsまで前進しdown更新。続くOFF、RB澤井のランでTD。PATキックも成功して36-19。攻守交替して関学DEF、相手のパスが続けて成功、それをDEF止めきることができずそのままTDされる。PATキックも成功されて36-26となったところで第3Q終了。
 関学GL33ydsより関学OFFで第4Q開始。RB#19藤原のランでdown更新。RB澤井のランでTD。PATキックも成功して43-26と点差を広げる。関学のキックオフしたボールを相手がとることができず関学が抑え、続けて関学OFF。WR坂口へのランが決まったもののdown更新には至らずパントへ。攻守交替して関学DEF、相手は4thダウンでギャンブルプレイに出るもDEFがしっかりと抑えて関学OFFへ。GL7ydsよりOFF、RB澤井のランでTD。PATキックも成功して50-26。攻守交替して関学DEFはしっかりと3つで止めきり関学OFF。ニーダウンで試合終了。
最優秀選手に2年生RB#7 澤井 尋 が選ばれた。
 第49回関西高等学校アメリカンフットボール大会は3年ぶり26回目の優勝を果たすことができた。まずは春季大会という大きな節目を優勝という形で終えられたことは大変喜ばしく、また大きな自信にもつながったと思う。しかしここで慢心せず秋季大会までの期間、しっかりと鍛錬を積んでいきたい。      主務 谷村彩瑚
  

2019年06月08日(土)  関西高校選手権大会準決勝 対関大一高
6月8日(土)13:30〜 王子スタジアム

1Q2Q3Q4Q合計
関西学院高等部14141247
関西大第一高校


 関学#28池田のリターンで試合開始。約35ydsリターンしGL66ydsよりOFF,RB池田の中央ランプレイによりdown更新してGL48ydsまで前進。続けてパスを試みるも、相手のインターセプトにより攻守交替。続く関学DEFでもはDL#17トゥロターのパスカットしたボールをLB#44前田がインターセプトしターンオーバー、目まぐるしい試合展開となる。攻守交替してGL39ydsよりOFF、QB#11前島からWR#85宇佐美へのロングパスによりタッチダウン。K#27松野によるPATキックも成功し7点を先取する。攻守交替してDEF、DL#58村田のロスタックルにより大きく相手を後退させパントに持ち込む。GL46ydsよりOFF、RB池田によるランや相手の反則によりdown更新。RB松野のランプレイにより前進。続く攻撃、WR宇佐美,TEトゥロターへのパス成功が成功しGL1ydまで迫りRB松野のランでタッチダウン。PATキックも成功して14-0となったところで第1Q終了。
 第2Q、関学DEFではLB#52海野によるロスタックルを奪い、続けざまにLB#33森本のインターセプトで攻守交替。GL37ydsよりOFF、WR#82藤間へのパス成功でGL18ydsまで前進する。その後もQB前島、RB澤井のランでタッチダウン。TEトゥロターへのパスで2PTも成功し22-0.関学DEFは、DL村田がまたもやロスタックルを奪いパントへ追い込む。GL79ydsよりOFF、QB前島がキープしたまま80ydsを走り切り独走タッチダウン。PATキックは失敗するも28-0と点差を広げる。その後も関学OFF猛攻するも、時間を使い切り前半終了。
 関学キックで後半開始、関学DEFはDLのラッシュよくしっかりと3つで止め切りパントで攻守交替。GL80ydsよりOFF、RB池田のランでdown更新。再度RB池田によるランで大きく前進し、RB澤井のランでタッチダウン。K#19藤原によるPATキックも成功して35-0。攻守交替してDEFでは相手のランプレイにより続けてdown更新されるも4th downのギャンブルを防ぎ切り攻守交替。GL90ydsよりOFF、WR#5坂口へのパスが通り前進したところで第3Q終了。
 第4Q,関学GL79ydsよりオフェンス。パスを試みるもカットされてしまいP宇佐美のパントで攻守交替。代わってDEFでは相手のパスが続けて通り止め切れずそのままタッチダウン、PATキックも決められ35-7。関学RB澤井のリターンでGL82ydsよりOFF。QBは前島から#9林に交代してWR#13有本へのパス成功、RB松野のランで大きく前進してGL30ydsまで迫る。OFFはなかなか攻めきれずにいたものの4th downで池田のランプレイでdown更新。GL19ydsよりOFF、WR坂口へのパスが成功してタッチダウン、PATキックは不成功で41-7。攻守交替してDEFはDLの集まりよく、ロスタックルを奪うなどして攻守交替。敵陣より関学OFF、RB#19藤原のランプレイでタッチダウン。PATキックは失敗し47-7で試合終了。
 次戦はいよいよ箕面自由学園と関西選手権決勝戦となる。短い期間の中でもしっかりと相手をイメージし、課題を克服して臨みたい。     主務 谷村 彩瑚


SunBoard - Remodel SunClip Ver1.21