試合結果
試合結果や活動状況などが掲載されます。
なお、関連の写真などはフォトギャラリーにも掲載されていますので、そちらもご参照ください。
下欄の[フォトギャラリー]からどうぞ。
トップページへは、下の閉じるボタンを押してこのウィンドウを閉じてお戻りください

[フォトギャラリー] [ワード検索] [管理画面] [設定画面]
2022年06月19日(日)  第51回関西高校アメリカンフットボール選手権大会決勝戦 対大産大附属
6月19日(日)11:00〜 王子スタジアム
1Q2Q3Q4Q合計
関西学院高等部
大産大附属高校2014
34

 関学のキックで試合開始。敵陣33ヤードよりDEF。DL#17中村、DL#57城阪のタックル等で前進阻むが、その後ダウン更新を許す。さらにDL城阪、LB#0倉田のナイスタックルの活躍があったがダウン更新される。DL#5石井のQBサック、LB#31永井のQBサックにより4thダウンに追い込み、大産はフィールドゴールを選択。このFGは失敗。攻守交代し自陣20ヤードよりOFF。RB#2松村のランで3ヤード前進。QB#3片境からWR#7塚本へのパス成功でダウン更新。その後、QB片境からRB#31永井へのボールでファンブルが発生、大産側にリカバーされ攻守交代。DL中村のタックルで前進許さず、第1Q終了。
 第2Q早々、DB#24有川のナイスカバーがあったがタッチダウンされる。PATキックは失敗で、関学0−6大産。続いての関学OFFでQB#12葛城からWR#82衣川へのパスがインターセプトされ,そのままTDを許す。PATキック成功で、関学0−13大産。気持ち切り替えて自陣20ヤードよりOFF。QB片境からWR塚本へのパス失敗の後。QB片境からRB#27三浦へのパスが成功するが、パントに追い込まれる。自陣37ヤードよりDEF。LB永井の好タックルで前進阻むが、ダウン更新許す。その後もさらに25ヤード前進される。
LB倉田のナイスタックル等もあるが、大産QBランでタッチダウン。PAT成功で、関学0−20大産。続く自陣30ヤードより関学OFF。QB片境自らのランで3ヤード前進。QB片境からWR#19井上へのパス成功し、ダウン更新。RB松村のランで2ヤード前進。だがその後OFFが思うように前進できず、パントへと追い込まれる。攻守交代し敵陣18ヤードよりDEF。LB永井のタックルで前進許さず。DL#75を初めとするDLが前進阻んだところで、第2Q終了。
 後半第3Q、自陣25ヤードよりOFF。QB片境からRB永井へのパスが大産にインターセプトされる。攻守交代し自陣40ヤードよりDEF。DL#5石井、DL#11川口、LB永井のタックル等の活躍により前進阻む。だがその後パスを通され、ダウン更新許す。しかし、LB倉田、DL川口がロスタックル、さらにDL中村の素早いタックルで前進許さず、パントに追い込む。大産4thダウンギャンブルも、DB#1東耕がパスカットし、攻守交代。自陣24ヤードよりOFF。RB松村のラン、QB片境自らランするも前進できず、パントに追い込まれる。敵陣12ヤードよりDEF。DL中村やDB#6中のナイスタックルで前進を阻止するが、その後ダウン更新されたところで、第3Q終了。
 第4Q、敵陣17ヤードよりDEF。DB東耕の素早いタックル、DB#4水野のナイスタックル等でDEFは健闘する。だがその後タッチダウンを許し、PAT成功で、関学0−27大産。自陣46ヤードよりOFF。QB片境自らランし5ヤード前進。QB片境からWR衣川へのパス成功。RB松村のランによりダウン更新。QB片境からWR竹本へのパス失敗。QB片境自らラン。QB葛城からWR衣川へのパスはインターセプトされ、攻守交代。敵陣26ヤードよりDEF。DL中村の素早いタックルで前進阻むが、その後ダウン更新された後、ロングパス通されタッチダウンをとられる。
PAT成功で、関学0−34大産。自陣32ヤードよりOFF。QB片境からWR竹本へのパス失敗。その後も思うように前進できず、パントに追い込まれる。ギャンブル選択しQB片境自らランするが、ダウン更新できず攻守交代。自陣32ヤードよりDEF。DL川口、LB倉田を初めとするDEF集まり早く前進許さず。LB倉田のナイスタックル。その後DB#24有川が大産のパスをインターセプトし、攻守交代。自陣35ヤードよりOFF。QB片境からWR竹本へのパスを、大産にインターセプトされ攻守交代。敵陣38ヤードよりDEF。LB永井、DL#75西山のタックルで前進阻むが、その後ダウン更新される。DB中のナイスタックルでロスさせる。DB中、LB倉田のタックルで前進を阻止。ここで試合終了。
 大きな点数差での敗戦となった。今試合の反省は勿論、春季シーズン全体を総点検し、秋季シーズン向けて日々邁進していきます。春季シーズンの応援ありがとうございました。 
                     主務  本庄 萌子

2022年06月12日(日)  第51回関西高校選手権大会準決勝 対立命館宇治
6月12日(日)16:00〜 エキスポフラッシュフィールド 

1Q2Q3Q4Q合計
関西学院高等部
立命館宇治高校

 昨年秋全国大会関西決勝戦で敗退した因縁の相手立命館宇治高等学校との試合、立宇治のキックで試合開始。自陣28ヤードよりOFF。QB#3片境から#82衣川へのパス失敗。RB#31永井のランで3ヤード前進。その後もOFF苦しみパントに追い込まれる。攻守交代して敵陣31ヤードよりDEF。DB#7塚本のやLB#0倉田のナイスタックルでパントに追い込む。自陣29ヤードよりOFF。RB#2松村のランで2ヤード前進。WR#7塚本がランするも1ヤードロス。その後も前進できずパントに追い込まれる。続いてDEF、DB#26田島のタックル等の活躍あったもののダウン更新許すが、LB#31永井のが前進阻む。その後35ヤードの前進許し、ダウン更新されるがLB永井、DB#4水野をはじめとするDEF集まり早くパントに追い込む。立宇治フィールドゴール選択するが、失敗。攻守交代し自陣23ヤードよりOFF。RB松村のランで5ヤード前進したところで第1Q終了。
 第2Q、QB片境自らランするも前進できず。QB片境からWR#39竹本へのパス成功し、ダウン更新。RB松村のラン、RB永井のランによりダウン更新。その後、QB片境のパスを立宇治にインターセプトされる。敵陣15ヤードよりDEF。OL#75西山のタックルにより1ヤードロスさせる。その後DL#17中村の素早いタックルにより前進許さず、パントに追い込む。続いて自陣27ヤードよりOFF。QB片境自らランし8ヤード前進。RB永井が15ヤードランし、ダウン更新。QB片境からWR#8中辻へのパス成功し、7ヤード前進。その後RB永井がファンブル、立宇治がボールを抑えて攻守交代。気持ちを切り替えて、自陣46ヤードよりDEF。LB#0倉田QBへのタックルで前進許さず。DL#11川口バランスを崩したQBを見逃さずタックルし、6ヤードロスさせる。DB#7塚本の素早いタックル、LB永井のナイスタックル等の活躍によりパントに追い込む。自陣20ヤードよりOFF。RB#27三浦のランで3ヤード前進したところで前半終了。
 第3Q、敵陣25ヤードよりDEF。LB#0倉田、DL#57城阪等のDEF集まり早く前進許さず。だがその後ダウン更新許す。LB倉田のナイスタックル、DB#6中の素早いタックルによりパントに追い込む。自陣4ヤードよりOFF。RB松村のロングランにより57ヤードゲイン。QB片境からWR中辻へのパス成功で5ヤード前進。RB松村ランは前進できず、パントに追い込まれる。敵陣20ヤードよりDEF。DL中村をはじめとするDL集まり早く、前進を阻みパントに追い込む。攻守交代して敵陣40ヤードよりOFF。QB片境自のランでダウン更新。RB永井のランで5ヤード前進したところで第3Q終了。
 第4Q、QB片境からWR塚本へのパス成功でダウン更新。ゴールまで残り7ヤード。RB松村ランするも前進できず。QB片境からWR塚本へのパスが成功しタッチダウン。だがその後のPATキックが失敗。関学6−立宇治0、4Q残8:34。関学のキックでリスタート。立宇治のリターナーに上手く走られ、そのままタッチダウン。PAT成功で逆転を許す。関学6−立宇治7、4Q残8:17。攻守交代し自陣28ヤードよりOFF。RB松村のランで2ヤード前進。QB片境からWR塚本へのパス失敗。QB片境自らのランで6ヤード前進するもパントに追い込まれるが、立宇治の反則によりダウン更新。RB永井のランによりダウン更新。RB永井またもナイスランでダウン更新。QB片境自らランで5ヤード前進。RB永井ランで3ヤード前進。RB松村ランは前進できず、フィールドゴールを選択。K#6中が34ヤードのFG成功で関学9−立宇治7と再逆転、試合終了残2:31。続いて自陣21ヤードよりDEF。DL中村、LB永井の集まり早く前進許さず。さらにDL川口のナイスタックルで前進阻み、パントへと追い込む。敵陣48ヤードよりOFF。QB片境のランで2ヤード前進。RB松村のランにより6ヤード前進するが、パントに追い込まれる。敵陣12ヤードよりDEF。ダウン更新されるも、その後LB永井、LB倉田のタックル等の活躍で前進阻み試合終了。
 昨年度敗退した立命館宇治高等学校に勝利することが出来た。決勝戦は大阪産業大学附属高等学校との戦いである。春の集大成として、今までの成果を全て出し切って戦いたい。
応援の程よろしくお願い致します。         主務  本庄 頼子

2022年06月5日(日)  第51回関西高校選手権大会 対南山高校
6月5日(日)14:00〜 エキスポフラッシュフィールド
1Q2Q3Q4Q合計
関西学院高等部14
南山高校

 関西大会初戦、昨年敗退した南山高校との対戦。南山のプレーヤが15名で大会規定により1Q8分計時で試合開始。FIGHTERS K#6中のキックオフはタッチバックで25ヤードよりDEF。一度ダウン更新許すが、LB#31永井の好タックルにより7ヤード後退させ、さらにDL#75西山のQBサックによりパントに追い込む。このパントをLB#0倉田がナイスリターンし、敵陣24ヤードよりOFF。WR#7塚本のランによりダウン更新。RB#31永井のランにより2ヤード前進。QB#12葛城からWR#6中へのパス失敗。だがその後QB#12葛城自らランし3ヤード前進するも4thダウン。関学FGを選択するが、K中のキックが惜しくも失敗で無得点、敵陣20ヤードからDEF。DB#6中の素早いタックル、DL#75西山のQBサックで前進許さず、パントに追い込む。関学OFF。QB葛城のパス失敗、RB#27三浦のランで1ヤード後退したところで、第1Q終了。
 第2Q、関学敵陣20ヤードから3rdダウン&11、第2Q開始。QB葛城のパス失敗で4thダウンに追い込まれる。K中のFGキックが再度失敗して無得点。気持ちを切り替えて、敵陣20ヤードよりDEF。3度ダウン更新された後、LB#0倉田、DB#24有川等の活躍あったもののダウン更新を許す。しかしDEFがここで奮起、LB永井のQBサックで7ヤード後退させた後、南山のパスをDB中がインターセプトし、そのままビックリターン。自陣46ヤードよりOFF。RB#2松村のランによりダウン更新。反則により5ヤード罰退。RB永井の37ヤードのロングランによりダウン更新、ゴール前11ヤード。QB#3片境自らランで5ヤード前進。RB松村が相手にカバーされるも突き進みTD。K中のPATキック成功で、関学7−南山0。攻守交替して、敵陣25ヤードよりDEF。DL石井、DL#17中村のタックルにより前進許さず。ここで前半終了。
 第3Q、自陣45ヤードよりOFF。WR#39竹本のロングランにより大きく前進。南山の反則により7ヤード前進。ゴールまで残り6ヤード。QB葛城からWR#8中辻へのパス失敗するが、その後QB葛城からTE#0倉田へのパス成功でTD。K中のPATキック成功、関学14−南山0。敵陣25ヤードよりDEF。ダウン更新許す。DL#11川口、DL#75西山らがQBに素早いタックルし3ヤード後退させる。南山にパスを許しダウン更新されるも、その後DL#5石井のタックルで前進許さず。さらにDB#7塚本が南山のファンブルボールをリカバーし攻守交替。敵陣47ヤードよりOFF。RB#2松村のランによりダウン更新。再びRB松村のランにより9ヤード前進。だかその後思うように進まず4thダウンに追い込まれる。ここで4thダウンギャンブルを試みるが失敗。敵陣26ヤードよりDEF。LB松村、DB#25村田の好タックルがあったものの、前進を許しダウン更新される。その後さらにダウン更新許し、第3Q終了。
 第4Q、自陣42ヤードよりDEF。DB中の好タックルがあるも、ダウン更新許す。その後DB#24有川、LB永井、DL中村のナイスタックルで南山の攻撃を阻む。その後もLB倉田の素早いタックルがあったが、ダウン更新を許す。DEFここで黙らず、LB永井のナイスタックルにより1ヤード後退させる。さらに、LB松村の速いタックル等の活躍により4thダウンに追い込む、ここで南山はギャンブル。フリーフリッカーを試み、そのまま走り抜けタッチダウン。だが無資格レシーバーの反則により、TD無効。攻守交替し自陣20ヤードよりOFF。RB#27三浦のランにより2ヤード前進。QB片境自らのランで、ダウン更新。だが反則により5ヤード罰退。WR#8中辻のランで5ヤード前進するが、その後思うように進まずパントに追い込まれる。K中のナイスキックにより、敵陣8ヤードよりDEF。南山のロングパスでダウン更新される。だがその後DB#37鳥養のQBへのタックルにより前進許さず。ここで試合終了。
 次戦準決勝戦は昨年の王者立命館宇治との戦いとなった。      主務  本庄 頼子

2022年05月15日(日)  県春季大会決勝戦 対啓明学院
5月15日(日) 11:00〜    関西学院第3フィールド
<>
1Q2Q3Q4Q合計
関西学院高等部
啓明学院

     啓明学院の棄権により、FIGHTERSの不戦勝
     FIGHTERS は県T位で第51回関西高校選手権大会に出場します。 

2022年05月07日(土)  県春季大会準決勝戦 対六甲高校
5月7日(土) 17:30〜   啓明学院グラウンド      
1Q2Q3Q4Q合計
関西学院高等部2235
 六 甲 学 院 
            3Q 残3分31秒 コールド

 六甲のキックオフで試合開始。自陣40ヤードよりOFF。QB#12葛城からWR#39竹本へのパス成功で7ヤード前進。その後RB#31永井がランするもダウン更新できず、パントに追い込まれる。攻守交替して敵陣20ヤードよりDEF。LB#31永井が素早いタックルで相手側を大きくロスさせる。DB#6中、LB#0倉田をはじめとするDEF集まりが早く前進許さず、パントに追い込む。敵陣10ヤードよりOFF。RB#27三浦のランで5ヤード前進した後、残り5ヤードをRB#2松村が走り切りタッチダウン。K#6中のキックでPAT成功。関学7−六甲0。敵陣17ヤード付近よりDEF。DB#4水野タックル、LB永井のカバーの活躍あったもののダウン更新される。さらに20ヤードの前進許す。だがDEFここで黙らずLB永井のタックル、DL#57城阪のナイスタックルでパントに追い込む。続いて自陣20ヤードよりOFF。RB永井の中央のランで9ヤード前進したところで第1Q終了。
 第2Q、RB#2松村のランでダウン更新。QB葛城からWR#80古結へのパス失敗するが、WR竹本へのパスは成功。しかしその後思うように前進できず、パントに追い込まれる。敵陣21ヤードよりDEF。六甲のパスをDB#4水野がインターセプトし攻守交代。敵陣25ヤードよりOFF。RB松村のランで大きく前進。QB葛城からWR竹本へのパス成功でダウン更新。ゴールまで残り9ヤード。TE#0倉田のナイスブロックによりRB松村のランでタッチダウン。K中PATキック成功。敵陣35ヤードよりDEF。DB塚本のタックルで前進を許さず、その後六甲のパスをDB#1東耕がインターセプト、35ヤードよりOFF。QB#3片境からWR#7塚本へのロングパス成功しタッチダウン。K中のPATキック成功。敵陣45ヤードよりDEF。六甲にロングパスを許すが、LB永井がナイスタックルし前進阻む。その後六甲にパスを許しダウン更新されるも、DB#6中がボールをファンブルし攻守交代。自陣30ヤードよりOFF。反則により大きく罰退し、自陣40ヤードからの攻撃。QB#3片境からRB永井へのパス成功で大きく前進。RB三浦のラン、QB片境からWR#8中辻へのパス成功でダウン更新。QB片境からWR塚本へのパス成功し8ヤード前進。QB片境からRB永井へのパス成功でダウン更新、WR#82衣川へのロングパス成功でダウン更新。さらにQB片境自らのランでダウン更新。最後はQB片境からTE倉田へのパス成功しタッチダウン。PATはスナップが乱れたが、ホルダーQB片境ランが抜けてツーポイントコンバージョン成功。関学29−六甲0。25点以上の差がついたので2分減算で前半終了。
 関学のキックで第3Q開始。敵陣18ヤードよりDEF。LB永井のタックル、DL#11川口のQBサック、LB倉田とDB中のタックル等の活躍により前進許さずパントに追い込む。敵陣35ヤードよりOFF。RB#9讃岐のラン、QB片境自らランしダウン更新まで残り3ヤード。RB三浦が中央ランを止められパントに追い込まれる。しかし関学ギャンブル選択し、RB松村のランでギャンブル成功しダウン更新。さらにRB三浦のランでダウン更新し、ゴールまで残り4ヤード。RB松村が中央ランでタッチダウン。関学35−六甲0。大会規定によりコールドゲームとなり試合終了。決勝戦へ進出し啓明高と戦うこととなった。           2022年度主務  本庄 頼子 


SunBoard - Remodel SunClip Ver1.21