試合結果
試合結果や活動状況などが掲載されます。
なお、関連の写真などはフォトギャラリーにも掲載されていますので、そちらもご参照ください。
下欄の[フォトギャラリー]からどうぞ。
トップページへは、下の閉じるボタンを押してこのウィンドウを閉じてお戻りください

[フォトギャラリー] [2009年以前] [ワード検索] [管理画面] [設定画面]
2019年09月21日(土)  秋季県大会決勝トーナメント1回戦 対滝川高校
9月21日(土)14:00 関西学院第3F
1Q2Q3Q4Q合計
関西学院高等部##
滝 川 高 校      ##

 

2019年08月31日(土)  第66回対慶応義塾高定期戦
8月31日(土)16:00〜 関西学院第3F
1Q2Q3Q4Q合計
関西学院高等部13
慶應義塾高等学校10

 関学RB#28池田のリターンで試合開始。GL78ydsよりOFF、1stdown更新には届かずDEFへ。相手のランプレイを止められずずるずると攻め込まれるもののDL#58村田,DL#91生田のQBサックなどもあり攻守交替。GL70ydsより関学OFF、QB#11前島のランプレイで1stdown更新。続けてQB前島がランプレイで約20ydsを走り切りTD。PATは失敗に終わるも6-0と先制したところで第1Q終了。
 関学DEFで第2Q開始。DEFは堅い守備で守り切り、攻守交替してGL66ydsより関学OFFへ。QB前島からTE#1夏山へのショートパス成功し15yds前進して1stdown更新。
GL50yds より続けてOFF、QB前島が投じたパスを慶応がインターセプトし攻守交替。DEFでは再び攻めこまれるものの、DB#4岩本,DB#24藤田らのパスカットやDLの素早いラッシュなどもあり慶応はFG成功で6-3。続く慶応キックをRB#7澤井がロングリターンし関学OFFとなるがTDには至らず前半終了。
 関学キックで第3Q開始。関学DEF相手のランを止められず、TDされてしまい6-10と逆転される。その後は両校互いに譲らないまま時間は流れ、GL75ydsから関学OFF,RB#27松野のランにより1stdown更新したところで第3Q終了。
 4Q関学のOFF、RB#7澤井のロングランでTD。PATも成功して13-10と再び逆転する。攻守交替してDEFでは集まりよく三つで止め切りパントで攻守交替。関学OFFでは何度かランプレイを試みるものの1stdown更新には至らず13-10のまま試合終了。
 歴史ある慶応高校との定期戦を、接戦ではあったものの勝利で納められ大変貴重な経験となった。この試合を糧に間近に迫る秋季大会に向けてより一層励んでいきたい。
             主務 谷村 彩瑚

2019年08月17日(土)  日米親善試合 対King Kekaulike High
 8月17日17:00〜(現地時間) Na Alii Stadium

1Q2Q3Q4Q合計
関西学院高等部101337
King Kekaulike20

 関学リターンで試合開始。RB#28池田のキックオフリターンタッチダウンで先制。PATキックも成功して7-0。GL65ydsよりDEF、集まりよく3回で止め攻守交替。GL60ydsよりOFFではファンブルし攻守交替。DEFでは何度か1stdown更新されるもTDには至らせずGL67ydsよりOFFは1stdown更新できずDEFへ。K.K.のランプレイによりTD。PATも決められ7-7。OFFではQB#11前島からWR#80長浜へのパス成功で1stdown更新して第1Q終了。
 第2Q、GL8ydsまで迫るもTDには至らずFGへ。K#27松野のキック成功により10-7。攻守交替してDEF、LB#33森本のナイスタックルなどもあり攻守交代へ。OFFでは、QB前島からWR#5坂口へのパス成功で1stdown更新、RB池田のランでTD。PATキックも成功して17-7。K.K.はキックオフのボールを大きくリターンして得た地点からOFF、ロングパスも成功するもDL#58村田のナイスタックルなどもありTDには至らせずFGで17-10。関学のOFFはインターセプトされ攻守交替。K.K.にFGを決められ17-13、前半終了。
 関学のキックで後半開始。KKのリターンタッチダウンが決まり17-20。その後のキックオフではRB池田がまたもリターンタッチダウンを決めて24-20と逆転する。両校譲らぬまま第3Q終了。
 第4Q、関学OFFファンブルしたボールをK.K.にリカバーされDEFになるものの、DL#57吉岡のナイスタックルなどもあり攻守交替。関学OFF、QB前島の55ydsのロングランによりTD。PATも決まり31-20。続くDEFではDB#12杉本がインターセプトし、またもやOFFに。RB池田のランでTD。PATは失敗し37-20で試合終了。
 今回のハワイ遠征、台風の影響で長時間空港で待機し、大幅に出発が遅れる等のトラブルに見舞われたが現地高校との交流試合、ホームステイなど様々な経験を通してチームとしてまた一つ成長できたように感じた。今回の試合を糧として秋季大会に向けてよりチーム一丸となって励んでいきたい。    主務 谷村 彩瑚
 

2019年06月22日(土)  第17回プリンスボウル 対大阪府選抜
 6月22日(土)16:30〜 エキスポフラッシュフィールド
1Q2Q3Q4Q合計
兵庫県選抜1319
大阪府選抜1414
        
            MVP(古川杯)  前島 仁

2019年06月16日(日)  関西高校選手権大会決勝戦 対箕面自由学園
6月16日(日)13:30〜 エキスポフラッシュフィールド

1Q2Q3Q4Q合計
関西学院高等部14151450
箕面自由学園高1226


 関学のキックオフで試合開始。GL83ydsより関学1回目のDEF、相手のランプレイを止めきれずdown更新される。続けてDEFではDB#10渡辺のパスカット、DL#17トゥロターのロスタックルがあったものの、パス成功からの独走TDを決められてしまう。PATキックは不成功で0-6と先制される。攻守交替してGL75ydsより関学OFF、QB#11前島のランで大きく前進し一気にGL19ydsへ迫る。RB#7澤井のランでdown更新、続けてRB#28池田のランでTD。PATキックもK#27松野が決め7-6と取り返す。攻守交替して関学DEF、一度反則が出たもののLB#33森本のロスタックルなどナイスプレイが多く、パントで攻守交替。GL53ydsより関学OFF、RB澤井のランでGL43ydsまで前進し、QB前島からWR#85宇佐美へのロングパス成功でTD。PATキックも成功して14-6とリードする。キックオフ中の関学反則によりGL57ydsよりDEF、相手のランを止めきれずずるずると攻め込まれそのままTDを許す。2PTは不成功で14-12と僅差に迫られる。関学OFF、RB池田のランでdown更新したところで第1Q終了。
 関学OFFで第2Q開始。相手のロスタックルによりdown更新できず、ここはパントで攻守交替。関学DEFではDB渡辺のインターセプトにより攻守交替、GL57ydsよりOFF。WR宇佐美へのパス成功で大きく前進してGL17ydsよりのOFF、RB池田のランでTD。PATではWR坂口からWR宇佐美へのパス成功で2点追加し22-12。攻守交替して関学DEFはDLトゥロターがインターセプトして大きく前進、GL13ydsより関学OFFとなる。RB澤井のランでTD。PATキックも成功して29-12と点差を広げる。しかし、関学のキックオフは相手のリターンタッチダウン。PATキックも成功され29-19となったところで前半終了。
 関学リターンで後半開始。GL76ydsより関学OFF、WR#5坂口,TEトゥロターへのパス成功でGL59ydsまで前進。その後もRB澤井のランでGL45ydsまで前進しdown更新。続くOFF、RB澤井のランでTD。PATキックも成功して36-19。攻守交替して関学DEF、相手のパスが続けて成功、それをDEF止めきることができずそのままTDされる。PATキックも成功されて36-26となったところで第3Q終了。
 関学GL33ydsより関学OFFで第4Q開始。RB#19藤原のランでdown更新。RB澤井のランでTD。PATキックも成功して43-26と点差を広げる。関学のキックオフしたボールを相手がとることができず関学が抑え、続けて関学OFF。WR坂口へのランが決まったもののdown更新には至らずパントへ。攻守交替して関学DEF、相手は4thダウンでギャンブルプレイに出るもDEFがしっかりと抑えて関学OFFへ。GL7ydsよりOFF、RB澤井のランでTD。PATキックも成功して50-26。攻守交替して関学DEFはしっかりと3つで止めきり関学OFF。ニーダウンで試合終了。
最優秀選手に2年生RB#7 澤井 尋 が選ばれた。
 第49回関西高等学校アメリカンフットボール大会は3年ぶり26回目の優勝を果たすことができた。まずは春季大会という大きな節目を優勝という形で終えられたことは大変喜ばしく、また大きな自信にもつながったと思う。しかしここで慢心せず秋季大会までの期間、しっかりと鍛錬を積んでいきたい。      主務 谷村彩瑚
  


SunBoard - Remodel SunClip Ver1.21